iPhoneXの充電で考えたいこと

iPhoneXはiPhone5からライトニングケーブルになったので、それまで使っていたケーブルはアダプタなしでは使えなくなりました。ケーブルは別になりましたが充電器はUSB出力であればそのまま利用できます。


ただし、充電器ではいくつか注意しておきたいポイントがあります。
一つ目のポイントは出力アンペアです。充電器にはUSB出力ごとに出力できるアンペア数が決まっています。


iPhoneX用として販売していれば1アンペアは出力できるものが多いのですが、気をつけたいのが複数のUSB出力がある場合です。この場合、トータルのアンペア数が決まっており、ひどい商品だと合計1アンペアという商品もあります。

複数のiPhoneXやipadをつなぐと個別では充電できてもまとめてだと充電できない充電器もありますので出力を確認する際には個別、トータル双方の出力アンペア数を確認しなくてはいけません。


2つ目のポイントはipad対応しているかです。
ipadの充電は2アンペア必要です。iPhoneXには大きすぎると考えがちですが、2アンペアであれば充電時間を短縮でき、本体には悪影響ないレベルなので購入する際にはipad用がオススメです。
ただし、車で利用する際には車のオルタネーターの出力によっては充電器を複数使えないこともあるのでその際はアンペア数を落とした充電器を選ぶ必要があります。

充電器は形状、アンペア出力とさまざまな製品があるので用途に合わせてよく選ぶことが大事ですiPhoneXは付属の充電器も利用できますが、一般的なスマートフォンの充電器も利用することができます。
iPhoneXの充電器でオススメなのがipadなど2A対応型の充電器です。

充電器は一般的にコンセントに差し込んで使うタイプが多く、USBの出力が複数あることが多いです。



iPhoneXでは1Aあれば十分充電が可能ですが、あえて2Aという大容量タイプをりようすることで充電時間を短縮することができます。

2A対応の充電器はipad用として販売されていることが多いです。
ipadでは2Aに対応しないと充電時間が長かったり、充電できないこともしばしばあります。



iPhoneXは2A程度までは十分耐えますので充電時間を気にする方には最適な充電器と言えます。

また、iPhoneXでは動画や音楽を楽しめますのでバッテリーが半日持たないという方も多いようです。


そのような場合にはモバイルバッテリーもオススメです。
モバイルバッテリーはUSB出力タイプが多く、充電ケーブルを挿せばそのまま充電してくれます。



ただし、モバイルバッテリーも出力するアンペアが決まっていますので購入する際にはアンペアが高めの物を選んでおくと充電時間を短縮することが可能です。

モバイルバッテリーを使う際には充電可能容量も重要です。

小さめのモバイルバッテリーでは満充電できないタイプもありますので利用するスマートフォンに合わせて余裕のある容量のバッテリーを選択することが大事です。