iPhoneX用モバイルバッテリー

モバイルバッテリーはスマートフォンを長時間使う方には必須のアイテムになりつつあります。

iPhoneXでも動画やアプリを使うユーザーでは購入して持ち歩くユーザーも多いようです。
モバイルバッテリーは通常使われているバッテリーの数個分の容量があることが多く、重さが問題となることが多いようです。

そのため、容量は1台分でいいから軽めのバッテリーにするというユーザーも多いです。
iPhoneXでよく使われるバッテリーはipad対応の物が使われる事が多いです。ipadはiPhoneXに比べて必要なアンペア数や容量が大きいのでiPhoneXで使うと充電が短くなったり、充電できる台数が増えるなど利点が多いです。

また、ipad用は小さいというよりも大きいが薄めのバッテリーが多く、持ち歩くのに便利と考えるユーザーも多いようです。

モバイルバッテリーについては機種を問わず、USBポートで出力するタイプが一般的でAndroidでも使えるのが多いです。

中にはライトニング端子のみ設置しているタイプもありますが、USBポートで出力するほうが多いです。

iPhoneX用のモバイルバッテリーとしてはイングレスと呼ばれるアプリ用に特化したタイプも用意されるなど、モバイルバッテリーも個性あふれるタイプも増えてきています。

アンペア出力やバッテリー容量のほかにデザイン性やキャラクター模様にするなど多くのモバイルバッテリーが基本機能に付加したタイプが増えていますiPhoneXでは5や5S以降ライトニングケーブルが利用されています。それまでの世代では平型の充電ケーブルが利用されえきました。
ライトニングケーブルになり、良くなったのは端子に向きがなくなったこと、そしてさらに小さく、コンパクトになったことです。
4Sまでのケーブルはとても大きいので持ち運ぶにはかさばるのがネックでした。


ただし、iPhoneXのライトニングケーブルは純正以外は互換性にかける製品も多いので注意が必要です。

4Sまでのケーブルではあまり情報を転送する内容がなく、ICチップもはいっていなかったのでご完成品はたくさん出回っていても動作に問題があるケーブルはほとんどありませんでした。しかし、ライトニングケーブルになってから単に電気信号と流すケーブルからさらにインテリジェントなケーブルになったこともあり、アップル認証ケーブルでないと充電ができない、そもそも認識しないというケーブルも増えています。

iPhoneXはケーブルを指すだけで充電しますし、iTunesとの同期も簡単です。


しかし、互換ケーブルを利用すると動作が不安定であることが多く、ケーブルは出来る限りアップルが認証したモノを使いたものです。



また、5が販売された当時はケーブルの種類が少なかったのですが、認証されているケーブルが多くのメーカーから販売されるようになったこともあり、長さもさまざまありますし、ライトニングケーブルに対応した各種デバイスも増えていますiPhoneXのバッテリーは世代を重ねるごとに大きくなり、持続時間も長くなっています。

特にバッテリーが大きくなったのはiPhoneX5のあたりです。


縦長になったことや画面サイズが大きくなったのに合わせてバッテリーも容量が増えています。ただし、iPhoneXではサイズが大きくなりバッテリーが増えてもCPUやGPUなど機能面での高性能化もあるのでそれほどバッテリー持続時間は増えていないのではないかとギモンを持たれる方も多いようです。

ただ、最近のCPUやGPUのトレンドは消費電力を控えながら性能を向上させることです。特にモバイル分野では消費電力以下に落とすかが最重要課題になっています。

そんため、A7やA8プロセッサでは消費電力が特に減ってきており、バッテリーの持続時間に強く貢献しています。

また、iPhoneXの場合は本体の製造とOSのの制作が同じ会社なので省エネ設定についても密接に調整が行われています。

iphoneXでもライとニングケーブルが利用されています。

同じ機能を持つAndroid機と較べてもバッテリーの持ちは断然iPhoneXがよいという評価も多いです。


ただし、動画視聴やゲームの時間が増えればAndroidと同様にバッテリー消費は激しくなります。

また、Androidと違い完全マルチタスクをしていないのでアプリが休止中にデータ取得はできても計算等はできませんのでバッテリー消費を抑えるのに適したOSといえます。アップル製品はハードとソフト面を同時に開発することでバッテリー消費を抑えながら高性能なアプリを使える仕組みを実現していますiPhoneXを購入するとACアダプタが付属していますが、iPhoneXはパソコンやMacについているUSBでも充電可能です。

しかし、一部のUSBでは充電ができないことがあります。



それは電気の流れが弱いからです。

アップルではiPhoneX用として5Wと12Wのアダプタを用意しています。一般的には12WはiPad用として販売されていますが初代iPhoneXからずっと利用できます。
重要なのはアンペアです。
USBの規格上は2.5Wですが、USBの電源は複数口がある場合には減ることが多く、またパソコンやMacではCPUの利用状況等によって電圧が下がることがあります。

そのため、USBに刺しても充電できないことがあるのです。
逆に12WのUSBアダプタを使えば付属のアダプタよりも格段に早く充電できることが多いです。

アップルではありませんが、サードパーティの製品の中には急速充電を売りにした商品まで登場していますが、どの商品でもアンペアをどのように設定しているかが分かれば適しているかが分かります。

iPhoneXではOSのバージョンアップとともに仕様バッテリー量が極端に増えることがあります。

その後のパッチで利用量は減るのですが、OSのバージョンアップを進んで行う場合はいつもき書きではないことになります。

5Wや12Wのアダプタを持ち歩くのは大変とかんがえるなら大出力のアンペアに対応したモバイルバッテリーを使うのも有効です。