iPhoneXはバッテリー充電パーツがたくさんある

iPhoneXは世界中で売上が多いスマートフォンですが、日本国内だと特にiPhoneXの売上が多いようです。そのため、サードパーティからのパーツ供給が多いスマートフォンです。

iPhoneXは4からが現役で使われていると言われていますが、実質的にはiPhoneX5からと言われています。
しかしながら、パーツは3GSから充実しているのが他のスマートフォンとの大きな違いと言われています。
パーツはケースや液晶保護シートなど多数ありますが、特に充電周りのパーツが揃っています。iPhoneXの充電はケーブルが5から変わったこともあり、大きく分けて2種類あります。
しかし、ケーブルの違いのみで充電に必要なアンペア数は0.5アンペア以上と言われており、初代から変わっていないのも充電パーツが長く使えるので喜ばれています。現在使われている5以上ではライトニングケーブルが使われますが、ipadも同じ世代から変わっていることから充電器をipad用を使うユーザーも多いようです。
ipad用はアンペア数が高めに設定されているので充電時間が短くなるというメリットが有ります。

充電パーツで最近注目されているのは急速充電タイプです。

通常は供給アンペアが変動すると充電時間が長くなってしまうのですが、急速充電を行うパーツを使えば最短半分程度の時間で充電ができると言われています。
充電パーツとしてはモバイルバッテリーも注目されており、アンペア出力が高いバッテリーも増えていますiPhoneXを始めとしたスマートフォンは、その便利さもさることながら充電が減りやすくて困っているという人も少なくありません。

いざという時のためにケーブルは常備している人が大半ですし、念のためにバッテリーも持ち歩いている人も多いです。

それでも駄目な時には充電をするためにカフェなどのお店に入ったりすることもあります。
朝は100%の状態であったとしても、放っておいたら昼ぐらいには半分以下、夕方まで電池が保っていられれば安心できるという事もあります。

その為、普段からiPhoneXの充電の減りが早いと感じている時には、なるべく減らないように様々な対策をしていくといいでしょう。

充電を減らさないためには、設定をいろいろと変更していくのも効果的です。

位置情報やプッシュ通知などは、様々な通信を行っているので、これをオフにするだけでもかなり改善されたりします。


頻繁に使う人はオンにしておいた方がいいかもしれませんが、この機能はなくてもいいなら切ってしまいましょう。



メール関連の設定や、Wi-Fiに関してもオフにするか機内モードにしておく事で余分な通信を減らす事ができますので、iPhoneXの充電の節約が出来ます。


誰もがiPhoneXなどのスマートフォンは電池が切れやすいものと思っているかもしれませんが、そうではありません。



無駄な設定などはなるべく使わないようにすれば、充電の消費も抑えられますので、一度確認してみて下さい。