iPhoneXのアプリ毎のバッテリー使用状況の把握

iPhoneXを使っていますと、バッテリーの事が気になるユーザーは多いです。

バッテリーの消費をアプリ毎に確認出来れば、不要なアプリを削除したり、設定を見直したりする事によって、バッテリーを最小限に抑える事が出来るようになります。

設定アプリを起動させて、一般、使用状況バッテリーの使用状況の順で確認画面に移動する事が出来ます。



iPhoneXにインストールされているアプリ毎のバッテリーの使用状況が一目で分かるようになっていますので、どのアプリがよくバッテリーを使っているのかが分かります。

バッテリーの使用状況を確認した後は、アプリの個別の設定を変更していきます。常駐アプリで使用していない物をアンインストールしたり、同じような機能を持った消費電力の低いアプリに入れ替えたりしていきます。

ディスプレイのバックライトの調整や音量などは、デフォルトのアプリで十分に省電力設定に変更可能です。
一定時間操作をしていない状態が続いた場合に、ディスプレイがスリープモードに自動的に入るようにしておきますと、iPhoneXのディスプレイのバックライトを点けっぱなしにならなくなりますので、自然と省電力設定に出来ます。

不要なアプリの削除は、メモリを開放する事にも繋がり、アプリの動作を安定させられます。


バッテリーは、モデルチェンジを繰り返す事によって強化されていますので、新しいモデルのiPhoneXに買い換える事もバッテリーの持続時間向上に役立ちます。



国内外での利用が多いiPhoneXは、スマートフォンとしての基本性能が高く、使いやすいユーザーインターフェースが人気です。

このスマートフォンを使う際に気になる部分がバッテリーの持続時間です。iPhoneXは、他のスマートフォンと比較してバッテリー持続時間が長い方ですが、動画を再生したり、ゲームアプリで遊んだり、インターネットを利用したりしますと、バッテリーの残量が少なくなるスピードが速くなります。



その為、iPhoneXでもバッテリー持続をさせる為の対策を練っておく必要があります。


有効な手段としては、ディスプレイの輝度などの調整です。

ディスプレイのバックライトの明るさを落とす事によって、バックライトの消費電力を大幅に下げる事が可能になり、結果的にバッテリーの持続時間が長くなります。

また、Wi-FiやBluetoothやGPSなどの機能を使っていない場合には、これらの機能を切っておく事で、バッテリーの持続時間を延ばす事が可能です。

バッテリーを搭載しているジャケットの導入も効果的です。モバイルバッテリーと同様に、端末のバッテリーが無くなったら、ジャケットに装着されているバッテリー経由で補充していく仕組みになっています。

内蔵バッテリーとジャケットに搭載されているバッテリーを併用する事で、持続時間を大幅に伸ばせます。

省電力設定を最大限に活用していく事によって、iPhoneXを長時間駆動させて使えます。