バッテリ性能が優れたiPhoneX

携帯出来るデジタル機器が、近年世間で大きなブームです。デジタル機器と言えば、かつては自宅やオフィスに置いて利用する製品でした。



しかし現在ではポケットやカバンに入る程のサイズに落ち着きました。
スマートフォンやタブレット、ネットブック等がモバイル系アイテムの代表例です。


ただし、モバイル系のアイテムには高い携帯性を持っている反面、バッテリの容量が小さい、という課題を未だに抱えています。
その課題はまだまだ解消されておらず、ネットブックやタブレットのために、複数のバッテリや充電器を持ち運ばなければいけません。

ただし、iPhoneXならバッテリの持ちが大丈夫です。



一般的な利用用途であれば、頻繁に充電する必要がありません。

ネットショッピングやネット検索、ゲームアプリの起動、音楽の再生など、多彩な目的に活用出来るiPhoneX、一般ユーザーの間では話題になりませんが、バッテリの性能が良く、僅かな充電で長時間の使用が可能なのです。

夜、寝る前に充電する癖を付けておけば、まず日中の間、バッテリ不足に悩む事はありません。

3Dゲームなど、バッテリの消費が激しい作業をしても、そう簡単に容量全てを使い果たす恐れはなく、iPhoneXなら安心して携帯出来ます。

スマートフォンイコールバッテリ消費が激しい、といった意見がありますが、それはiPhoneXには当てはまらない指摘です。



またピンチの時も、今では便利な小型バッテリと急速充電器が、iPhoneX向けに用意されていますので、ヘビーユーザーの方も安心です。
iPhoneXは、普通に使っていても結構バッテリーが長持ちするようにできているのですが、もっとバッテリーを長持ちさせたいというのなら、iPhoneXの設定を変更することで長持ちさせる事ができるのです。

まず、自分の位置情報を相手に知らせることができるツールの共有をオフにしておくといいでしょう。
この機能は自分の位置情報を相手にメッセージで送ることで、道に迷ってしまった時などに伝えることができるので非常に便利ですが、常時オンにしておくとバッテリーを消費することになります。

頻繁に使わないのであればオフにしておくのがいいでしょう。


AirDropをオフにするというものも忘れてはいけません。
このAirDropは、写真等のデータをiPhoneXやMacなどに転送することができるという非常に便利なツールですが、それらの機器を持っていないのならオンにしていても意味があまりありません。

また、持っていたとしても必要なときだけオンにすればバッテリー消費を抑えることができるのでオフにしておいても問題ありません。

不要なアプリを停止させることもバッテリー節約につながります。


これはバッテリーの使用状況という項目で確認することができ、現在使用しているアプリがどれくらいのバッテリーを消費しているのかひと目で分かるようになっています。

ここを確認してバッテリーをたくさん消費しているアプリを停止させることで、かなりバッテリーの消費を抑えることができるのです。